Les Clefs d’Or Japan

レ・クレドール ジャパン “Les Clefs d’Or Japan”

日本におけるレ・クレドールは、コンシェルジュの勉強会として 1990年にスタートしました。 コンシェルジュという職業の認識度、知名度の低さ、個人に与えられる資格に対する企業の戸惑いなど、さまざまな局面をめぐって紆余曲折がありましたが、アジアの統括国であるシンガポールのもと、レ・クレドールシンガポール日本支部として活動を続けてきました。1997年11月、その実績が認められ、パリの本部及び世界の先輩国から承認を受け、一つの独立国=チャプターとして承認されました。
現在、レ・クレドール ジャパンは、2021年4月現在2名の名誉メンバー、28名のメンバー、18社1校のアフィリエイトからなる組織となりました。毎月開催の定例会を中心に、一致団結して、ホテルコンシェルジュ全体のサービスの質を高めるべく努力を重ね、今後も世界中の多くのメンバーと力を合わせ、観光業界発展の一役を担う会として、成長していきたいと考えています。また、レ・クレドールジャパンの会員は 日本コンシェルジュ協会 に属し、ホテルコンシェルジュや関連企業の会員とともに月一度の定例会を通じて活動、交流し幅広いネットワークを構築しています。

※日本コンシェルジュ協会は、1990年に発足したホテルコンシェルジュの団体であるレ・クレドールジャパンを前身とし、昨今、ホテルのみならず様々な業種においてコンシェルジュが組織されるようになったことから、2005年4月に再編成された協会です。

Our association was approved as the 33rd section country of U.I.C.H. at the International Congress in Budapest-Hungary in November, 1997.

The activity of our association was started in 1980’s which era is “Concierge” was not commonly prevailed. The profession began to receive more recognition though very slowly as the years gone by. Japanese people who traveled overseas and experienced the concierge services tend to appreciate and utilize its service also within Japan. The management of respective hotels, however, was reluctant to acknowledge the significance of a concierge or Les Clefs d’Or in the service industry. The counterarguement most commonly received from the management was that the honor is given to each individual staff, and they did not see the reason to support for such personal qualification. The stereotype image they had for a concierge was those mature dignified gentlemen in black tail coat, often seen in European hotels. The situation gradually and steadily changed as foreign companies capitalized and opened new hotels such as the Fourseasons, Westin, and Inter-Continental, etc. The hoteliers and staffs these hotels had much more international background, and knowledge of the concierge profession as well as Les Clefs d’Or.

In the first few years of 1990’s, under the umbrella of Les Clefs d’Or Singapore, some pioneers were admitted to Les Clefs d’Or Singapore as Adherent Member, and they started to organize with the guidance of Jerry Soh and his team, as Les Clefs d’Or Singapore-Japan Branch. Many colleagues of Les Clefs d’Or extended their kind assistance to us in the process of development. Just to name a few, Tom Wolfe, the founder and the first president of Les Clefs d’Or U.S.A., and Chef Concierge of the Fairmont Hotel in San Francisco, Andy Pongco, Chef Concierge of Hotel Inter-Continental Manila, present the 3rd Vice President of U.I.C.H..

In September 1995, “Key News Japan” started to be published on a monthly base. In December, Holly’s book “Ultimate Service” was published translated in Japanese. The year of 1996, we have set up a new membership system for those who are interested in our profession & activities and support its motto “Service through Friendship”. We have made a quote big step towards our first goal, to develop and expand the new human network, through members, together with our supporting preliminary members. Les Clefs d’Or Japan Branch increased enough number of members to organize the section in1997, so that we decided to apply for the new chapter-Les Clefs d’Or Japan at the next congress in Budapest after a lot of works with Jerry Soh.

Finally, In November 1997, our association was approved as the 33rd section country of U.I.C.H.. Currently, there are three categories of member’s and Associative companies to be governed by Executive Committee of Les Clefs d’Or Japan,

レ・クレドール ジャパン 会員構成

レ・クレドール ジャパンは、レ・クレドール アクティブメンバー、レ・クレドール リタイヤードメンバー、レ・クレドール 名誉会員、レ・クレドール ジャパンアフィリエイトの4種で構成されています。レ・クレドール アクティブメンバーには、日本コンシェルジュ協会のコンシェルジュ会員として一定期間活動した後、レ・クレドールの規定及びレ・クレドール ジャパンの定款の条件を満たし、また、レ・クレドール ジャパンの活動に継続して貢献している、”コンシェルジュ”職に従事する者に限り申請ができます。レ・クレドール ジャパンアフィリエイトに関しては、レ・クレドールの規定及びレ・クレドール ジャパンの定款内容を満たし、また、レ・クレドール ジャパンの活動に賛同していただける企業、団体に限ります。