日本におけるレ・クレドールは1990年にスタートし、アジアの統括国であるシンガポールのもと、レ・クレドール シンガポール日本支部として活動を続けました。1997 年 11月 にその実績が認められ、パリの本部及び世界の先輩国から承認を受け、一つの独立国=チャプターとして承認されました。
2017年4月現在、レ・クレドール ジャパンは、2名の名誉会員、27名の会員、16社の賛助会員からなる組織となり、毎月開催の定例会を中心に、一致団結して、ホテルコンシェルジュ全体のサービスの質を高めるべく努力を重ね、今後も世界中の多くのメンバーと力と心を合わせ、観光業界発展の一役を担う会として、成長していきたいと考えています。
また、レ・クレドール ジャパンのメンバーは日本コンシェルジュ協会 (2005年4月設立) に属し、ホテルコンシェルジュや関連企業の会員とともに月一度の定例会を通じて活動、交流し、幅広いネットワークを構築しています。